ホーム
  >  団体紹介 [つちうらミニミニ冒険広場]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

つちうらミニミニ冒険広場

最終更新日:平成28年5月12日

mini-bouken mini-bouken
設立年月日 平成25年12月7日
代表者名 竹ノ内 勝
連絡担当者名 竹ノ内 勝
連絡先
TEL 090-4918-8832
FAX 029-846-2977
URL http://mini-bouken.org

団体詳細

会員数 11名
会員の年齢層 60代
会費等 入会金なし、会費あり(ボランティア保険加入)
主な活動地域 土浦青少年の家、乙戸沼の森(乙戸沼に隣接する山林)、三中地区公民館、田村のハス田(田村町の吉田農園付近)
活動日・時間帯 第2土曜日 13時00分~15時30分、 第4土曜日 9時30分~12時
活動分野 【子育て】 子どもの健全育成に関する活動全般,児童の健全育成
活動内容 1. 幼児や学童向けの「外遊び」のための半日限定の「ミ二・ミ二冒険広場」を、市内の公園・施設とその周辺の自然を借りて、定期的に開催する。
2. 実施にあたっては、地元の高齢者やボランテイアを募り、子育て世代の二ーズを把握し、関係する機関の協力を得て具体的なイベントを計画する。
3. 2014年度は、準備期間と位置付け、茨城県県南生涯学習センターのご支援を頂いて、会員の研修を行い、この成果を生かし、国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けた活動を三中地区の「乙戸沼の森」や土浦市青少年の家で展開しました。
4. 2015年度は、「子どもゆめ基金」の助成を受けて、三中地区に加えて、五中地区の「田村のハス田」でも活動しました。活動拠点の「乙戸沼の森」は、横田修一様の私有地を借りて自主的に管理中です。「田村のハス田」は、吉田農園近くのハス田で、吉田由樹様に維持・管理して頂いています。
5. 2016年度も、引き続き、子どもゆめ基金の助成を受け、活動中です。



活動目的 1)土浦市内の子育て世代に対して、楽しい「外遊び」の場を提供する。
2)土浦市内の高齢者の豊富な経験とパワーを、子供たちの「外遊び」の場作りに生かせる仕組みを目指す。
備考 一緒に活動する方を募集しています。
ご興味がある方はご連絡ください。

新着情報

新着情報はありません。

活動報告

6月2日に、冒険広場in土浦2018<バラの花まつり>を開催しました
子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2018・バラの花まつり」を6月2日9時半-12時に、土浦市青少年の家で開催しました。まず、子どもらは、「バラの花飾り」と「バラの工作」のどちらを作るか決め、それに基づいた素材セットを受け取り、素材セットの中の複数のバラぼっくりに赤や黄色等の色を塗りました。その後、ミッションゲームとして「ボール運び」、「宝探し」、「バラのジクソーパズル」、「カーリング」をやりました。さらに、「お話会(読み聞かせ)」で、いろんなお話を楽しんでもらいました。この後、乾いたバラぼっくりを使って、「花飾り」などの仕上げ。「バラの工作」では、グルーガンを使って、木のカット片などを固定し、その上に、バラぼっくりなどを固定します。写真は、出来あがった作品の一例です。バラぼっくりのある家の周りに、線路のシールが貼ってあります。今回も、つくば国際大学の皆さんにご協力して頂きました。また、土浦市を主体とする生活情報誌、月刊『ろたす』に取材して頂きました。お礼申し上げます。

活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン