ホーム
  >  団体紹介 [つちうらミニミニ冒険広場]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

つちうらミニミニ冒険広場

最終更新日:平成28年5月12日

mini-bouken mini-bouken
設立年月日 平成25年12月7日
代表者名 竹ノ内 勝
連絡担当者名 竹ノ内 勝
連絡先
TEL 090-4918-8832
FAX 029-846-2977
URL http://mini-bouken.org

団体詳細

会員数 11名
会員の年齢層 60代
会費等 入会金なし、会費あり(ボランティア保険加入)
主な活動地域 土浦青少年の家、乙戸沼の森(乙戸沼に隣接する山林)、三中地区公民館、田村のハス田(田村町の吉田農園付近)
活動日・時間帯 第2土曜日 13時00分~15時30分、 第4土曜日 9時30分~12時
活動分野 【子育て】 子どもの健全育成に関する活動全般,児童の健全育成
活動内容 1. 幼児や学童向けの「外遊び」のための半日限定の「ミ二・ミ二冒険広場」を、市内の公園・施設とその周辺の自然を借りて、定期的に開催する。
2. 実施にあたっては、地元の高齢者やボランテイアを募り、子育て世代の二ーズを把握し、関係する機関の協力を得て具体的なイベントを計画する。
3. 2014年度は、準備期間と位置付け、茨城県県南生涯学習センターのご支援を頂いて、会員の研修を行い、この成果を生かし、国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けた活動を三中地区の「乙戸沼の森」や土浦市青少年の家で展開しました。
4. 2015年度は、「子どもゆめ基金」の助成を受けて、三中地区に加えて、五中地区の「田村のハス田」でも活動しました。活動拠点の「乙戸沼の森」は、横田修一様の私有地を借りて自主的に管理中です。「田村のハス田」は、吉田農園近くのハス田で、吉田由樹様に維持・管理して頂いています。
5. 2016年度も、引き続き、子どもゆめ基金の助成を受け、活動中です。



活動目的 1)土浦市内の子育て世代に対して、楽しい「外遊び」の場を提供する。
2)土浦市内の高齢者の豊富な経験とパワーを、子供たちの「外遊び」の場作りに生かせる仕組みを目指す。
備考 一緒に活動する方を募集しています。
ご興味がある方はご連絡ください。

活動報告

7月22日に冒険広場 [夏休み.森で遊ぼう]を開催しました
晴れて蒸し暑い中、多くの親子に参加して頂きました。最初は、イントロゲームとして、5種類のゲームを実施。最初は、磁石を使った魚釣り。カードに記載の46種類の魚や貝の中から、カードに記載のものを釣ってもらいます。次のゲームは、英語のカードを一枚選び、スーザンさんから英語の質問を受けます。その後、24種類の木の実を探せ、いかだのレース、アヒルの競争の各ゲームを実施。後半は、[英語で遊ぼう]。ます、私のお弁当のゲーム。スーザンさんから、空のお弁当箱と1ドルをもらい、隣のストアで15品目のおかずやデザートの中から5品目を買い、弁当箱に盛りつけてオリジナルのお弁当を作ります。そして、自分のお弁当をスーザンさんに見せて、英語の質問を受けます。その後、ロンドン橋落ちた(写真)や、椅子取りゲームを実施。最後に、スイカを食べ、全員、熱中症にもならず、無事に活動を終了できました。

活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン