ホーム
  >  活動分野 [文化・芸術]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

文化・芸術

| イベント情報 | 活動情報 | 募集情報 | 団体情報 |

団体紹介

団体名 紹介概要
よさこい 飛翔 よさこい 飛翔
平成23年8月
「新治地区公民館の講座修了記念にキララまつりにでよう」との講師の声かけに、よくわからないまま初参加・初演舞。
正直なところあまりの自分たちの下手さに、このままじゃあ終われないと一念発起。同好会に発展。

土浦市新治地区公民館講座「よさこいソーラン」メンバー
水郷体育館講座「よさこいソーラン」メンバー
つくば市で活動してきた「いきいきつくば踊り子隊」
が集まり、平成24年3月に、「よさこい飛翔」を結成しました。
平成27年5月の常陸国YOSAKOI祭り雅大会(45歳以上)の部で準大賞を受賞しました。

保育園児から60代と年齢層は幅広く、お子様連れでもOK。
お母さんと一緒に遊びにきて、曲を覚えた子供たちも、一緒に活動しています。
キララまつりやまつりつくば、地区のお祭りへの参加のほか、福祉施設の慰問なども行っています。
南中ソーランなどオーソドックスな曲はもちろん、誰でもすぐに参加できる輪踊りソーランや、ラップ調の新しい曲なども挑戦しています。
土浦・つくばの風物を歌詞に織り込んだオリジナル曲「霞浦の舞」では、女性ならではのしっとりした踊りを表現しました。
オリジナル2曲目の「とこしえに!」では、仲間とともに踊れる喜びと絆をテーマにしています。

2020年4月より代表が交代しました。ますます元気いっぱいよさこいソーランを楽しみながら「よさこい飛翔」の活動の幅を広げていきたいと思っています。
クレフ・ギタークラブ クレフ・ギタークラブ

クラシックギターによる3部合奏をおもな演奏スタイルとしています。
男性4名、女性5名。50才代位から70才代でしょうか。

指導は、新間英雄先生(東京、世田谷在住、昭和10年生まれ、昭和50年ごろ、日本で有数の古典奏者として活躍したギタリスト。昭和60年ごろから、つくば市、土浦市、牛久市などに通い、指導を続け地域のギター普及に貢献されている方です)

毎年、春先から、新しい、より難しい合奏曲数曲に取り組み、レパートリーを少しずつ増やしています。

演奏会は、土浦市文化祭音楽フェスティバルが主なものですが、地域公民館社会学級や婦人活動などでの単独演奏や、老人施設への慰問なども、それぞれ数か所年数回行い、大変喜んでいただいております。

楽しいクレフをモットーに和気あいあいと和やかに活動しております。
多くの観客を前にして非日常の緊張を味わったり、慰問で喜んでいただいたりして、刺激や励みをいただくことは、とても楽しいことです。ギター中級程度のお力をお持ちのかた、一緒に楽しみませんか。

 

土浦市文化財愛護の会 土浦市文化財愛護の会
本会は写真部会、民話研究部会、みどりの文化財調査研究部会、金石文調査研究部会、視察・研修部会、会報等編集部会の6つの部会から構成される。
活動は会全体と、各部会によって行われている。

〈会全体〉

文化財清掃活動 荒川沖の一里塚、水戸街道松並木、古墳石室(各 年2回実施)
市指定文化財パトロール 一中地区~都和中地区に存在する文化財の定期点検の実施
(毎年10/1~11/30の期間
文化財防火デー・防火訓練への参加 毎年1月に実施されており、第1回より参加継続中である
市教委事業「子ども郷土研究」への参加協力 昭和52年12月より毎年実施されている「子ども郷土研究」の審査等に協力
定期総会の実施 毎年5月に実施
市民講座の実施 普段の研究成果を市民講座として公民館等で発表 



 〈各部会〉

写真部会 写真展の実施を軸に活動している(文化財の撮影等)
民話研究部会 「土浦のむかし話」の出前講座の実施(小学校・福祉施設等)
みどりの文化財調査研究部会 市内の樹木調査とその保護を目的に活動(樹木ウォッチング等も実施)
金石文調査研究部会 市内の金石文の調査研究とその保護に取り組む(市内先賢の墓石の調査等の実施)
視察・研修部会 市内外の文化財等の見学会、研修旅行等の企画・実施
会報等編集部会 会報「文化財つちうら」の編集・発行

このカテゴリーの団体を検索

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン