ホーム
  >  団体紹介 [NPO法人 茨城県断酒つくばね会 土浦霞ヶ浦断酒会]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

NPO法人 茨城県断酒つくばね会 土浦霞ヶ浦断酒会

最終更新日:平成30年7月19日

NPO法人 茨城県断酒つくばね会 土浦霞ヶ浦断酒会 NPO法人 茨城県断酒つくばね会 土浦霞ヶ浦断酒会
設立年月日 昭和56年12月6日
代表者名 高橋 幸夫
連絡担当者名 高橋 幸夫
連絡先
住所 土浦市永国東町14-1
TEL 029-822-1895
FAX 029-822-1895
E-mail yqrgp968@ybb.ne.jp

団体詳細

会員数 38名
会員の年齢層 50代
会費等 入会金1,000円(内訳:NPO法人茨城県断酒つくばね会500円、土浦霞ヶ浦断酒会500円)会費月1,000円
主な活動地域 四中地区コミュニティセンター(四中地区公民会)
活動日・時間帯 第1・第3週 日曜日 13時30分~16時00分、第2・第4週 土曜日 19時00分~20時30分
活動分野 【健康・福祉】 健康・福祉に関する活動全般,障害者福祉
【子育て】 子どもの健全育成に関する活動全般
活動内容

NPO法人 茨城県断酒つくばね会(土浦市)の支部として、土浦霞ヶ浦断酒会の活動を行っています。

①酒害啓発のための断酒例会及び市民公開セミナーの開催
アルコール起因による自殺者根絶推進や.専門医による講演会、相談会の実施や、自殺体験者の体験談を披露するなど、啓発活動を続けていきます。
②飲酒問題撲滅キャンペーンの実施
イベントでのチラシ配布や相談会を実施します。
③市民家族教室・相談会の開催
1.行政・医療による家族相談会への参加、(酒害者家族の体験よりの支援)
2.行政よりの要請により家族相談会開催
④定期的例会&酒害相談会
⑤酒害者家族例会
⑥NPO茨城県断酒つくばね会行事への参加(県例会年4回、県主催行事5回程度)
⑦公益法人全日本断酒連盟行事への参加


公益社団法人全日本断酒連盟HPはこちら
(新しいウインドウで開きます)

  


活動目的 近年のアルコール依存症者は、女性、若年者、高齢者へと拡がりをみせていす。これらの問題を踏まえ酒害問題を減少・根絶する為アルコール依存症に関する啓蒙を行い、酒害の及ぼす社会悪の防止に努め共に、自らの意志により断酒生活を実行しようとする者と酒害者家族の、社会性回復の推進を図り、もって広く保健、社会福祉に寄与する為に活動しています。

活動報告

当事者家族体験談・9 断酒会とは【お酒での問題のある方】

 人生を変えて
       
くれた人

        TY

 日本テレビ夏恒例の、二十四時間テレビのテーマは

『人生を変えてくれた人』が、放映されていました。何気なく視聴していましたが、ふと自分自身について、さて私の人生を変えてくれた人は誰だろう~。

生まれた時から、現在六十九歳までを振り返りました。

人並みに平凡な生活から、現在までの生き様、

学業』→就職→結婚→家庭(子供娘二人)→アルコール依存症へのラストスパート→入院生活(内科病院五~六回、はっきりしない?)→精神病院へ隔離→断酒会入会→断酒継続もうすぐ二十五年→

現在・過去を振り返り、私の人生を変えてくれた人は誰だろう。

答えは簡単に見つかった。三十九歳で初めての内科病院への入院、勿論アルコール多量飲酒による、肝機能障害によるもの、入院による体調回復、又美味しいお酒が飲める体に、四十四歳まで毎年入退院の繰り返しでした。その間家族関係は崩壊、妻との会話は酒に関する話しかありませんでした。

私は酒を飲めなくなる環境を作らせない為、暴力・暴言・隠れ飲み、この世で一番大切な酒を守ろうとしました。四十四歳のとき、最後の内科病院入院時、離脱症状の幻覚・幻聴があり、その日の夜に内科病院を脱走し、帰宅(記憶に無い)大暴れしたようです。

翌日病院に戻りましたが、病院側は入院拒否です。やむなか精神病院を紹介され、精神病院保護室に

直行、百日間の入院、毎日点滴と服薬で過ごしました。

退院の日が迫り、退院の条件として、断酒会に入会することを約束させられました。そのような心構えの為、断酒することなく、断酒例会に参加しており、例会の二時間が苦痛でなりませんでした。

再飲酒から連続飲酒までは、さほど時間は掛かりませんでした。

ただその間断酒例会へは参加していました。断酒している人・なかなか断酒できない人・スリップした人等、いろいろな体験談を聞いているうちに、何故か飲みたい気持ちより、止めなければという気持ちが勝り、断酒に繋がりました。

まさに断酒する事で新しい人生がスタート出来ました。

新しい人生(断酒人生)とは、六十九歳にしてたくさんの仲間を知り、

酒害活動により、北海道から沖縄

迄完全制覇の旅ができ、夫婦ともども充実した生活を過ごす事が出来ています。

家族の協力は勿論ですが、断酒会会員・家族の皆様方に人生を変えて頂きました。感謝する事と、断酒会への恩返し?の意味で、酒害啓発活動として県精神保健福祉センター主催の、酒害者家族教室への参加(精神保健福祉センターと、土浦保健所)・鹿嶋保健センターの家族相談会・豊後荘院内ミーティングへの参加等、酒害に悩む酒害者と家族の方へ微力ながら、お力になるべく、お手伝いさせて頂いております。このような生活が継続できる様、一日断酒・例会出席を実践致します。私の人生を変えて下さった断酒会会員・家族の皆様に感謝申し上げます。

 

 

当事者家族体験談・6 断酒会とは【お酒での問題のある方】

はじめに、私は二〇一〇年(五十歳)三月に、アルコール依存症と鬱病の診断で、豊後荘病院に入院しました。家内が、私との生活に苦しみ・悩み果て薬にもすがる思いで、インターネットで調べ、T理事長夫妻と繋がる事が出来て、受診をすることに至りました。

当時は連続飲酒の連続で、依存症の末期状態。飲まないと離脱で苦しく、隠れ飲酒で脱しょうとしても、元の状態には戻れませんでした。そして体力を削られ尽くし、入院となりました。

私の生まれ育ったA県は、飲酒にはとても寛容な土地柄で、飲酒習慣率も全国最悪、平均寿命が最も短い県です。父親も大酒豪で、依存症の名称こそ付かなかったが、五十九歳の時に急性心不全で、突然死をしました。また叔父も三十歳で依存症になり、苦しみました。

そんな様子を小さい頃から散々見て、辛い思いをしてきました。

しかし、自分自身も気が付いたら、

同じ依存症になっていました。

初めて飲酒したのは、十八歳。

学生の新人歓迎コンパで、先輩方に無理やり飲まされ泥酔して下宿に帰りました。早朝にお腹の激痛で目が覚めて、七転八倒の苦しみでどうにもならず、すぐに胃腸科医院を受診しました。診断は、胃潰瘍で手術が必要と宣告され、胃の切除をしました。その時は胃の切除をした人は、依存症になり易いなど、知る由もないのです。

(胃が無く小腸で吸収される為、酔いが早く廻る)。手術後一年間は禁酒し、二十歳頃から再度飲み始めました。社会人になって飲酒する機会が多くなり、仕事の後の一杯が習慣となりました。深酒をすると翌日は、二日酔いの憂鬱な状態が、午前中まで続きました。

しかし、仕事が終わり夕方になるとまた一杯のみ、晴れ晴れとした気持ちと高揚感で、ストレス発散を自覚するようになりました。

この繰り返しが、鬱病へのきっかけとなったのではと考えます。

この時既に、依存症への坂道を登り始めていたのです。

三十歳で結婚しました。その頃から深酒をするようになると同時に、

迎え酒を覚える様になりました.

二日酔いの憂鬱感を発散させていたのは、依存症の初期段階たったと思います。

また数年間は、毎年五月の健康診断のため、四月から一ヶ月間の禁酒をしていました。γ―GTPの値が下がり、「うん、大丈夫。」とまた飲み始めましたが、以前にもまして酒量が増えていきました。

これはすでに依存症で、「スリップ」

を繰り返していたのです。その後、四十代で依存症にまっしぐら、後半はアルコールでドロドロの状態になり、職場と家族に迷惑を掛け続け、五十歳で力尽きて入院となり、依存症と鬱病の治療が始まりました。退院後は、躁状態や自殺企画、二度の水中毒になりました。

このようなトラブルを起こしながらも、徐々に回復していきました。

この様な私を、温かく見守り応援して下さった断酒会の皆様には、

本当に感謝致します。

最後に、私も父が亡くなった年齢になりました。

残念ながら過去は変えられません。

どうしたら二度と同じ失態を起こさないかを考え、断酒例会に出席し過去を願いみて、人に笑われない生き方をしようと思います。

活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン