ホーム
  >  団体紹介 [土浦市ネットワーカー等連絡協議会]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

土浦市ネットワーカー等連絡協議会

最終更新日:平成29年3月10日

土浦市ネットワーカー等連絡協議会(泳げる霞ケ浦市民フェスティバル) 土浦市ネットワーカー等連絡協議会(泳げる霞ケ浦市民フェスティバル)
設立年月日 平成12年3月29日
代表者名 岩瀬 良子
連絡担当者名 土浦市ネットワーカー等連絡協議会事務局(市民活動課協働推進室)
連絡先
住所 土浦市大和町9番1号
TEL 029-826-1111(内線2234)
FAX 029-822-9252
E-mail shimin-katsudo@city.tsuchiura.lg.jp

団体詳細

会員数 17名(男性3名 女性14名)
会員の年齢層 60代
会費等 入会金なし、会費年1,000円
主な活動地域 四中地区コミュニティセンター(四中地区公民館)
活動日・時間帯 第3水曜日 10時00分~12時00分
活動分野 【健康・福祉】 健康・福祉に関する活動全般
【まちづくり・観光】 まちづくり・観光に関する活動全般
【環境】 環境に関する活動全般,リサイクル
【子育て】 児童の健全育成
活動内容

 四中地区コミュニティセンター(四中地区公民館)に集まり、定例会を開いて、情報交換やアクリルたわし・エコバック作り・牛乳パック再利用の紙皿づくりの研修を行っています。

エコ手づくり教室として、地域や公民館などに出向き,アクリルたわし・エコバック作りを教えています。エコライフ運動の意識を啓発しています。
 
霞ヶ浦に注ぐ河川を定期的に水質検査しています。この活動により水質浄化を進めるアクリルたわし作りの必要性を認識しています。

 地域住民の連帯感の醸成を図るため、青少年育成育成茨城県民会議を中心として展開している「あいさつ・声かけ運動キャンペーン」に参加し、土浦駅等であいさつ・声かけを行っております。

 土浦市で開催している「みんなで協働のまちづくりシンポジウム」の運営に協力しています。

茨城県の「大好きいばらき県民会議」からネットワーカーに委嘱され,県民運動を推進するための様々な活動に協力しています。

活動目的 大好き いばらき 県民運動の地域推進員を「ネットワーカー」といいます。
県民運動の趣旨や情報を地域に発信しています。
県民運動に参加し、普及に努めています。
地域活動を実施し、一層の活性化を図っています。
地域活動の調整に努めています。
備考 常時、一緒にボランティア活動をする方を募集しています。

活動報告

平成29年 秋の全国交通安全キャンペーンに参加しました。
土浦市ネットワーカー連絡協議会では、大好きいばらき県民会議と連携し、平成29年 秋の全国交通安全キャンペーンに7名が参加しました。早朝から交差点などで啓発品の配布をして交通安全を呼びかけました。

日時:平成29年9月21日(木) 午前7時30分~午前8時10分

場所:土浦市役所うらら大屋根広場および周辺交差点など

主催:土浦市交通安全対策推進協議会、共催:茨城県交通対策協議会

このキャンペーンは、9月21日から9月30日まで実施される秋の全国交通安全運動を県民に周知するとともに県民の交通安全意識を高揚し、交通事故を抑止することを目的として実施しています。

第22回泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルに参加協力しました
平成29年7月17日(月曜日)の「海の日」に、
国民宿舎水郷跡地で開催された
泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルに参加しました。

私たち土浦市ネットワーカー等連絡協議会では、
「大好きいばらき県民会議」に協力し、メンバー9名が参加して
水質浄化につながるアクリルたわし作りのブースを出しました。

日差しが強く、とても暑い日にもかかわらず、
約100名の親子が参加してくださり、
汗ばんだ手で苦戦しながら素敵なアクリルたわしを
作っていました。

作ったアクリルたわしを使って、洗い物に使う洗剤を減らしてもらい、
霞ヶ浦の水質浄化につなげてほしいと思います。


【泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルとは】
泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルは、多くの地域住民、企業の皆様に霞ヶ浦に来て実際に水に触れてもらい、今日の現状と浄化の取り組みについて理解を深め、自然(霞ヶ浦)関心を持ってもらうことを目的としています。

そして、水辺でのイベントや個人、団体、企業の交流をきっかけに、地域の宝であり、私たちの大切な水資源でもある霞ヶ浦に一層の親しみを感じていただき地域(霞ヶ浦)のために自ら行動をおこせるひとづくりを目的とします。



私たち土浦市ネットワーカー等連絡協議会では、アクリルたわしのほかに、カレンダーなどを材料にしたエコバックづくりや、牛乳パックを材料にした紙皿づくりなどを行っています。
ご希望に応じて公民館などへ出張し、エコ手づくり教室を実施しておりますので、興味をお持ちの方はぜひご連絡ください。
これまでは高齢者クラブやいきいきサロン、子ども会などで実施しております。また、今年度は市内の小学校でも実施予定です。
エコ手づくり教室のご案内はこちら

活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン