ホーム
  >  団体紹介 [NPO法人茨城県ウオーキング協会(I.W.A)]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

NPO法人茨城県ウオーキング協会(I.W.A)

最終更新日:令和元年5月31日

霞ヶ浦クリーンウオーク(NPO法人I.W.A/第五事業部) 2018/12/15 小美玉市 霞ヶ浦クリーンウオーク(NPO法人I.W.A/第五事業部) 2018/12/15 小美玉市
設立年月日 平成29年12月5日
代表者名 深見 博
連絡担当者名 戸田 秀夫
連絡先
住所 土浦市乙戸南1-11-7
TEL 090-9831-3703
FAX 029-841-4802
E-mail pahas314@ybb.ne.jp
URL http://www.ibaraki-walking.jp

団体詳細

会員数 IWA第五事業部55名(IWA(加盟団体含む)約600名)
会員の年齢層 60代
会費等 入会費1,000円、年会費3,000円
主な活動地域 土浦市、つくば市、牛久市、かすみがうら市、阿見町などの県南地区
活動日・時間帯 不定期(4~6日/月)
活動分野 【健康・福祉】 健康・福祉に関する活動全般,健康づくり
【まちづくり・観光】 まちづくり・観光に関する活動全般
【環境】 環境に関する活動全般
【文化・芸術】 文化・芸術に関する活動全般
【スポーツ】 スポーツに関する活動全般,児童・学生スポーツ
【子育て】 子どもの健全育成に関する活動全般
活動内容

【活動内容】
(特定非営利活動)

①  保健、医療又は福祉の増進を図る活動

②  まちづくりの推進を図る活動

③  学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

④  環境の保全を図る活動

⑤  子供の健全育成を図る活動

⑥  前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、
 助言又は援助の活動

 

(事業内容)

①  茨城県ウオーキング協会主催の大会に関する事業

②  茨城県民を対象にした地域加盟団体の例会行事の支援事業

③  指導員による健康教室等の催行に関する事業

④  県民運動“いばらきヘルスロード・元気ウオークの日
 (毎月第一日曜日)”開催に関する事業

⑤  行政及び企業が主催する大会運営の助成事業

⑥  子供たちの体力増進及び五感力の涵養を推進する「歩育」に
 関する事業

⑦  ウオーキングに関する広報・啓発に関する事業

⑧  県外ウオーキング大会の運営助成事業

⑨  その他 本会の目的を達成するため必要な事業



【活動実績】

①    2018.4.15   かすみがうらマラソンと併せて行われた
            ウオーキング大会/主管

②    2018.6.2~3  第12回つくば国際ウオーキング大会/共催

③    2018.9.8    茨城県マスターウオーカー賞 土浦市大会
          《霞ヶ浦湖畔と風車の公園ウオーク》

④    2018.11.2~4  日本スリーデーマーチ
          (東松山市、運営スタッフ派遣)

⑤    2018.11.29   スキルアップ研修会(地図の読み方と実践)

            (講師:岡田日本ウオーキング協会主任指導員、IWA副会長)

⑥    2018.12.15     霞ヶ浦クリーンウオーク
          (小美玉市、2019.2広報掲載)

⑦    2019.1.19   スキルアップ研修会「心肺蘇生法を身につける」

          (講師:平山土浦市消防本部救急係長他2名)

 

そのほか、毎月1日発行の機関誌(IWAニュース)発行業務、役員会議、ウオーキング大会・例会開催会議等。

活動目的 茨城県民をはじめとする全ての人々に対して、ウオーキングに関する諸事業を行い、ウオーキングの普及推進を通じて、自然に親しみ、健康増進を図るとともに、自然愛護の精神を育み明るい社会づくりに貢献することを目的とする。

活動報告

日本でここだけ!!第2回三県境&5県ウオーク
開催日:2019年7月6日(土)、  参加者:青森県から福岡県まで約180名   
大会プログラム:関連資料1及び2を参照下さい(参加者名簿省略)
コース:①5県コース 50km  利根川橋→五霞町中央公民館→関宿城博物館
              →道の駅さかい→古河公方公園→三国橋→渡良瀬遊水池→ゴール
    ②4県コース 20km  ③12kmコース(団体歩行)
内容:雨天スタートであったが、気温はあまり上がらず薄日の差す絶好のウオー
        キング日和となった。2名のリタイアがあったものの、暗くなる前に全員
        無事ゴールされました。ウオーカーの皆様から主催者側の労をねぎらう
   感謝の言葉も頂いた。この場を借りて、参考までにスタッフの活動例の
   一つを紹介させて頂く。

スタッフの活動例:私は50kmコースのアンカー担当(道の駅さかい~三国橋)。
   前日、早朝から矢貼り、最終下見を行い宿舎へ。参加者に配布するプログ
   ラム、コース図、飲食物等の袋詰め作業を手伝った。他の現場から戻った
   スタッフも加わり夕食。会長の大会前の訓示を受け、早めの就寝。翌朝5時
   出発、会場設営、受付準備。雨天の為、多少の混乱があったものの、ほぼ
   予定とおりスタートできた。お見送り後、アンカー中継点の道の駅さかい
   (20.5km地点)に向かうが、関宿城博物館(18.5km地点)で立哨担当が
   参加できなくなったことを知り、急遽、立哨の応援に。最終ウオーカーを
   見届け、早めのアンカー業務を開始した。ウオーカーが通り過ぎて不要と
   なった矢貼りの撤去をしつつ、遅れ気味のウオーカーに配慮しながら後を
   追った。約28km、33km地点で2名がリタイア。前者の方は要望により
   主催者の車でゴールまで送り届けた。アンカーの役目が終わり、ゴール
   場所に移動して、完歩者のお迎えに加わった。心配していた小学生の
   男の子と父親の二人連れも見事にゴールできました。
   実行委員会がスタートし、本日まで約半年に及ぶ長い道のりであったが、
   成功裏に大会が終了したことにスタッフ一同安堵している。

第13回つくば国際ウオーキング大会(6/1~6/2)
1.実施日:2019年6月1日(土)7:20~   6月2日(日)8:00~
2.場所 :研究学園駅前公園、国土地理院
3.参加者:1,519名
4..コース:
   6月1日:A 筑波山麓とつくば道(32km)
        B   歴史と遺跡の道(20km)
        C   つくば宇宙センターとつくば公園通り(16km)
        D 中央公園と学園の街並み(9km)
   6月2日:E 科学の街・科学万博記念公園(25km)
        F   国土地理院と静かな街並み(16km)
        G    科学万博記念公園 (5km)
        H 国土地理院マップ読み教室

全国31都道府県からつくば市に来られた参加者の皆様は、大会顧問堀野正勝一般
社団法人日本ウオーキング協会前会長の、この大会を通し、つくばの「大自然との
ふれあい、社会(史跡・文化財等)とのふれあい、人々とのふれあい」を十分に
満喫され、心と身体のリフレッシュを図り、1日でも長く「健康寿命を延ばす」こと
を祈念する旨のご挨拶をお聞きし、つくば吉沼囃子連出陣太鼓に勇気づけられ、
それぞれのコースに向け出発しました。

 Aコースでは終盤の筑波神社の登り坂に苦しみながらも、背後の眺望を楽しんで
歩いていました。また国土地理院では全日本歩測大会が開催され、参加者は真剣な
表情で名人戦・達人戦に挑戦していました。




活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン