ホーム
  >  団体紹介 [土浦三曲会]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

土浦三曲会

最終更新日:平成28年4月21日

土浦三曲会 土浦三曲会
設立年月日 昭和49年
代表者名 藤原 聖鳳
連絡担当者名 藤原 歳郎
連絡先
住所 土浦市湖北二丁目4番5号
TEL 029-824-0130
FAX 029-804-3139
E-mail fujiwara.jimusyo@gmail.com

団体詳細

会員数 140名
会員の年齢層 50代
会費等 入会金なし、会費年2,000円(平成28年)
主な活動地域 土浦市近郊市町村の各師範の稽古場及び公民館など(見学希望の場合は、ご連絡ください。)
活動日・時間帯 不定期
活動分野 【社会教育】 社会教育に関する活動全般
【文化・芸術】 文化・芸術に関する活動全般,伝統芸能,歌・音楽
活動内容

 現在当会は、琴古流尺八4社中、都山流尺八1社中、山田流筝曲3社中、生田流筝曲11社中の19社中が加盟し、会員数は140名です。
 「三曲」とは、三つの楽曲という意味ではありません。江戸時代から現代にかけて、日本の音楽として最も普及している3種類の音楽の総称なのです。すなわち、「箏(そう)曲」といわれる箏(こと)の音楽と、「地歌(じうた)」といわれる三味線(しゃみせん)の音楽と、それに「尺八(しゃくはち)」の音楽の総称なのです。「三曲」を含めた日本の音楽を、古典音楽とか、伝統音楽とかいうこともあるようですが、「三曲」の中には、古典的な名曲が数多くあります。しかし、「三曲」は、決して過去の音楽ではなく、現在数多くの人に愛好され、広く普及している音楽です。
 平成14年4月より全国小・中学校の音楽の時間に邦楽の鑑賞と伝統楽器の実習が義務づけられましたが、邦楽部門の指導者も少なく、また若い世代が邦楽に取り組む機会も少なくなってきているのが現状です。
 私達は、「継続は力なり」をモットーに楽しみながら、これからも地道に日本の伝統芸能を後世に伝えるために頑張って活動しています。

活動目的  私達の団体は昭和49年に発足以来、今年で40年を迎えました。県南地域で日本の伝統文化である箏と三絃と尺八・それに最近では横笛も加わって楽しみながら、芸能文化を大事にまた地道に後世につなげるべく活動をしています。

活動報告

竹友会茨城が生田流筝曲の勉強会を実施
全国竹友会茨城県支部主催で生田流筝曲合奏勉強会を開催しました。

活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン