ホーム
  >  団体紹介 [NPO法人 想(市民後見センター桜土浦)]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

NPO法人 想(市民後見センター桜土浦)

最終更新日:平成30年8月13日

イメージ イメージ
設立年月日 平成29年4月29日
代表者名 紙谷 良則
連絡担当者名 紙谷 良則
連絡先
住所 土浦市富士崎1-1-13-1005 ダイアパレス土浦
TEL 080-3498-0556
FAX
E-mail koukensakura@gmail.com

団体詳細

会員数 11名
会員の年齢層 50代
会費等 正会員 年間5,000円 賛助会員 年間3,000円 
主な活動地域 土浦市 茨城県県南生涯学習センター
活動日・時間帯 毎月第2日曜日13時~15時(定例会、相談会) 
活動分野 【健康・福祉】 健康・福祉に関する活動全般,高齢者福祉,障害者福祉
【その他】 人権・平和,消費者保護
活動内容

~身近な『市民』として~
⁂市民後見人活動の取り組み⁂

私たちNPO法人 想は、成年後見制度に関して一定の研修を受けた市民が集まり
平成30年1月にNPO法人を設立しました。
「市民後見人」という立場で、成年後見制度の新たな担い手となるべく活動しています。
同じ地域で暮らす市民として、だれもが地域を離れることなく、自分らしく、安心して
暮らせる地域作りを目指しています。

* 成年後見制度の定期相談会、市民セミナーの開催
  成年後見制度をしっていただく啓発活動を行っています。

* 成年後見制度に関する相談、利用手続きの支援
  個別に制度のご案内や、利用に関するご相談に応じます。

* 委任契約による医療・介護・福祉等のサービス利用援助
  見守り活動を関係機関と連携しながら行います。

* 市民後見人としての活動
  身上保護に配慮した法人後見活動を行います。


お電話、相談会にてお気軽にご相談ください。
また、一緒に活動していただける方も募集しています!!
 

活動目的  少子高齢化が進み、家族や地域の繋がりが薄れる中で、土浦市においても判断能力が不十分なために、自分たちだけでは解決が難しい生活上の問題を抱えている人が増えています。同じ地域に住む住人として、判断能力が不十分な人のための成年後見制度を通じて、住み慣れた地域で安心した暮らしが続けられるよう、成年後見制度が身近な制度として、誰もが有効に利用できるように啓発活動を行い市民後見人として地域ネットワークと連携しながら、共に助け合う環境づくりと、権利擁護の実現を目的としています。

新着情報

活動報告

第1回市民セミナー わかりやすい成年後見制度講座
8月12日 平成30年度第1回市民セミナー
「わかりやすい成年後見制度講座」が開催されました。

茨城県県南生涯学習センター小講座室3・4において
講師に、さくらパートナーズ法律事務所 弁護士久保田喬氏
をお招きして、成年後見制度について、事例を踏まえながら
大変わかりやすく、お話をしていただきました。

当日は、17名のご参加をいただきました。
参加者からの素朴な疑問、率直な質問が飛び交い、時間がオーバー
するほどの盛況ぶりでした。

「成年後見制度」という言葉、耳にされた方も最近多くなってきた
のではないでしょうか?
法律制度のために利用しづらいと感じられるかもしれませんが、判断能力
が難しくなっている方々の権利を守る制度です。

今年11月に第2回市民セミナー開催を予定しております。
ご興味、ご関心のある方、お気軽にご参加ください。
詳細が決まり次第、ご案内をさせていただきます。











市民後見セミナー
ご報告が遅れましたが、3月25日(日)市民後見セミナーを開催しました。

NPO法人想を立ち上げて初めての活動です。
場所は茨城県県南学習センター。
どの程度の参加があるか、ドキドキでしたが、12名もの方が来てくださいました。

すでに市民後見人活動をしている、NPO法人理事長の
日々の活動や、事例のお話を何いました。

地域の中で、一つ一つの繋がりを大切にして
活動をしていきたいと、思いを新たにしました。

30年度は、毎月第2日曜日、定例会&相談会を開催いたします。

成年後見制度って何だろう?なんとなく聞いたことはあるけれど…
という方、お気軽に、ぜひ覗いてみてください。
私たちの活動にご興味のある方も大歓迎です。

時間、場所等、詳細が決まり次第、お知らせ致します。





活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン