ホーム
  >  団体紹介 [土浦市女性団体連絡協議会]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

団体紹介

土浦市女性団体連絡協議会

最終更新日:令和元年5月9日

かすみがうらマラソン協力(バナナ配布) かすみがうらマラソン協力(バナナ配布)
設立年月日 平成4年4月
代表者名 今髙 博子
連絡担当者名 市民活動課 男女共同参画室
連絡先
住所 土浦市大和町9-1
TEL 029-827-1107
FAX 029-827-1234
E-mail josei@city.tsuchiura.lg.jp

団体詳細

会員数 12団体加盟
会員の年齢層 60代
会費等 1団体につき 3,000円/年
主な活動地域 男女共同参画センター
活動日・時間帯 不定期
活動分野 【男女共同参画】 男女共同参画社会に関する活動全般
活動内容 活動内容
1.役員会:毎月1回程度
2.部会活動:「総務部会・研修部会・広報部会」の三部会があり、それぞれ活動している。
      総務部会:市議会定例会傍聴、市議会議員との
                                意見交換会
      研修部会:自主研修の企画・運営
      広報部会:女性団体だより「つどい」編集・発行
3.3市町合同交流会
4.男女共同参画フェスティバル:市民活動課男女共同参画室と共催
5.自主事業:「学ぼうシリーズ」の実施
6.参加・協力事業:かすみがうらマラソン(バナナ配布)
          平和記念式典出席
          日本女性会議参加
          茨城県女性団体リーダー研修会・交流会
活動目的 市内の各女性団体・グループ等の相互の連絡調整と協力を図り、個々の活動を振興し、地域社会の向上・発展に寄与するため、市民活動課男女共同参画室と男女共同参画行政推進の共同活動を促進するとともに、会員相互の親睦を深めることを目的とする。

活動報告

「土浦を語ろう! 土浦市議会文教厚生委員会の皆さんを囲んで」を実施しました
 土浦市女性団体連絡協議会では平成28年度から土浦市議会議員のみなさまと意見交換会を実施しております。
 当団体では長年にわたり年4回の市議会を傍聴しておりましたが、意見交換会を行うことにより、会員における今後の市政運営により多くの関心を抱き、多くの情報を収集して、私たちの暮らしや活動につなげていきたいと考えております。
 今年度は、文教厚生委員会の議員7名と、女性団体連絡協議会の会員30名で意見交換をいたしました。
 最初に、福田一夫委員長からご挨拶をいただき、塚原圭二委員から活動報告をしていただきました。
その後、4グループに分かれて意見交換会を実施いたしました。
テーマを①男女協働参画について、②高齢福祉について、③学校教育についての3テーマを各グループで意見交換を行いました。意見交換の後には各グループで話し合われた内容を発表し、共通認識を図りました。
大変有意義な活動となりました。
文教厚生委員会の議員の皆様には、多忙な中、参加をしていただき御礼申し上げます。

日時 令和元年11月13日(金) 午後1時30分から午後3時30分まで
場所 市役所(男女協働参画センター)2階研修室1・2

  文教厚生委員会  委員紹介
   委員長   福田 一夫 様

   副委員長  矢口 勝雄 様
   委員    鈴木 和彦 様
         下村 壽郎 
         塚原 圭二 様
         目黒 英一 様
         奥谷 崇  様
         田子 優奈 様     

過去の交換会  平成28年度  1期目の議員の皆様
        平成29年度  総務市民委員会の皆様
        平成30年度  産業建設委員会の皆様
      
茨城県女性団体連盟主催のフォーラムに参加しました

令和元年度( 2019 )茨城県女性団体連盟「若者と大人世代の交流啓発フォーラム」




期 日 10月30日(水)10時30分~12時15分

場 所 常盤大学見和キャンパス Q棟センターホール
参加者 土浦市女性団体連絡協議会 会長他6名
趣 旨  
 国連は、2030年までに貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求しようと、開発目標1 7項目(SDGs=エスディージーズ)を掲げ、「だれも置き去りにしない社会づくり」を目指しています。
 一方国内では、少子高齢化の急速な進展や地域社会における人間関係の希薄化等社会環境が大きく変化してきている中、若者等を取り巻く状況も非正規職員の拡大や貧困、ひきこもり等厳しい諸問題を抱えています。異世代間の情報・意見交換や交流を通して、地球というグローバルな視点から地域の現状と課題をともに認識し、お互いに手を取り合って次世代を担う若者等の生活環境の改善や健全育成等の課題解決に向けて、一人ひとりが何を出来るかご一緒に考えてみましよう。

内 容 ハネルディスカッション

    「世界とつなごう地域の絆
       ~ SDGsーだれも置き去りにしない社会づくりを考える~」
    
     パネリスト
      常磐大学人間科学部准
教授             小関 一也さん
      NGO茨城の会及びオイスカ茨城推進協議会事務局長 小野瀬 武康さん
      常磐大学卒業生・福祉会社勤務           仲村 智里さん
      茨城県女性団体連盟副会長             安藤 隆子さん
     
     コーディネーター
       常磐大学学長                             富田 敬子さん

活動報告の一覧を見る

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン