ホーム
  >  イベント情報 [当事者家族体験談・5 断酒会とは【お酒での問題のある方】 ]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

イベント情報

当事者家族体験談・5 断酒会とは【お酒での問題のある方】

最終更新日:平成29年9月27日

主催者 NPO法人茨城県断酒つくばね会
開催日
開催時刻
会場名
内容

依存症生活から

     正面な生活へ

        A・S

 

 私の酒飲みの始まりは、二十六歳でした。十年後には酒ナシでは過ごせない、酒依存症であると診断され、毎日の帰宅が午前様になって、家族はもとより隣近所や多くの人々に、大迷惑を掛けるようになってしまったのです。

それからの生活は、大変なものになりました。ある時には交通違反

(駐車・速度)、ある時は走行しながらの側面接触、追突による大きな物損事故等々で、今の金額にして五百万円を超える損失、酔っ払った上での暴言や、約束の不履行なので、多くの人々からの信用を失ったのも大きな損失でした。       

さらに家庭では子供達からは敬遠され、生まれ故郷の兄姉、親戚からも見離されるといった、とんでもない境遇へと変わって行ったのです。その後は妻に付き沿われながらの病院通いとなり、当時の勝田市・那珂町・そして水戸市の主な病院で治療したが、効果もなすまま妻の体力もここまでかと思ったところで、豊後荘にたどり着いたのが五十三歳でした。

I先生の勧めで水戸断酒会に入会したが、以後四年間で、飲酒が止まったものと勝手に思い込んで脱会したものの、それから二年後には再び大酒飲みとなり、それからが大変なことになりました。

後に豊後荘での入退院を五回繰り返したことは、その実情の大変さを物語っております。

最後の六回目の入院でI先生が主治医となり、再び水戸断酒会に

入会する条件付きで退院したとき、

すでに七十七歳でした。

再入会して一年後には断酒の効果が現れ出し、そこで痛感した事は

『やっぱり酒から逃れられるのは、

断酒例会に出席すること以外には

考えられないことだと。』

再入会して五年たった現在では、

酒の世界から完全に離れ、酔っ払い時代に失った信用も元に戻り、

昔の穏やかな社会生活が出来るようになりました。

このことは他ならぬ断酒会のお陰様であると思っております。

これからも末永く例会に出席して行きたいと考えております。

皆々様宜しくお願い致します。

参加費
定員
申込方法
関連書類
締切
お問い合わせ
主催者からの
お知らせ

会場案内図

このイベントに会場案内図はありません。

コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン