ホーム
  >  活動報告 [日本でここだけ!!第2回三県境&5県ウオーク]

カテゴリー別
健康・福祉のボタン 社会教育のボタン まちづくり・観光のボタン 環境のボタン 文化・芸術のボタン スポーツのボタン 国際交流のボタン 男女共同参画のボタン 子育てのボタン その他のボタン
分野一覧のボタン
カテゴリー別はここまで
イベントを探すのボタン 募集情報を探すのボタン 団体を探すのボタン

活動報告

日本でここだけ!!第2回三県境&5県ウオーク

最終更新日:令和元年7月7日

投稿団体 NPO法人茨城県ウオーキング協会(I.W.A)
活動報告
内容
開催日:2019年7月6日(土)、  参加者:青森県から福岡県まで約180名   
大会プログラム:関連資料1及び2を参照下さい(参加者名簿省略)
コース:①5県コース 50km  利根川橋→五霞町中央公民館→関宿城博物館
              →道の駅さかい→古河公方公園→三国橋→渡良瀬遊水池→ゴール
    ②4県コース 20km  ③12kmコース(団体歩行)
内容:雨天スタートであったが、気温はあまり上がらず薄日の差す絶好のウオー
        キング日和となった。2名のリタイアがあったものの、暗くなる前に全員
        無事ゴールされました。ウオーカーの皆様から主催者側の労をねぎらう
   感謝の言葉も頂いた。この場を借りて、参考までにスタッフの活動例の
   一つを紹介させて頂く。

スタッフの活動例:私は50kmコースのアンカー担当(道の駅さかい~三国橋)。
   前日、早朝から矢貼り、最終下見を行い宿舎へ。参加者に配布するプログ
   ラム、コース図、飲食物等の袋詰め作業を手伝った。他の現場から戻った
   スタッフも加わり夕食。会長の大会前の訓示を受け、早めの就寝。翌朝5時
   出発、会場設営、受付準備。雨天の為、多少の混乱があったものの、ほぼ
   予定とおりスタートできた。お見送り後、アンカー中継点の道の駅さかい
   (20.5km地点)に向かうが、関宿城博物館(18.5km地点)で立哨担当が
   参加できなくなったことを知り、急遽、立哨の応援に。最終ウオーカーを
   見届け、早めのアンカー業務を開始した。ウオーカーが通り過ぎて不要と
   なった矢貼りの撤去をしつつ、遅れ気味のウオーカーに配慮しながら後を
   追った。約28km、33km地点で2名がリタイア。前者の方は要望により
   主催者の車でゴールまで送り届けた。アンカーの役目が終わり、ゴール
   場所に移動して、完歩者のお迎えに加わった。心配していた小学生の
   男の子と父親の二人連れも見事にゴールできました。
   実行委員会がスタートし、本日まで約半年に及ぶ長い道のりであったが、
   成功裏に大会が終了したことにスタッフ一同安堵している。

関連書類
50km、20kmコース いざ出発
コンテンツはここまで
先頭に戻るのボタン